iriverのフラグシップの改良版AK380 SSが1月下旬に発売決定!お値段は60万円!?

ak-ak380ss-main_thumb

Astell & Kernは、CES 2017にブースを出展。昨年12月のポタフェスで世界初披露した「AK380 SS」を展示した。

米国での販売価格は約5,000ドル。また米国では1月末に発売する。日本での販売価格や発売時期は未定。

AK380 SSは、同社の最高級ポータブルDAP「AK380」をベースに、筐体素材をステンレスにしたモデル。SSはStainless Steelの略。内部の回路や仕様、機能などはベースモデルのAK380と全く同等だ。
引用:Phileweb/ニュース

iriverのフラッグシップだったAK380をステンレス加工にした改良版が1月下旬に発売予定です。
ポタフェスで先行展示をしていたようだったので、後継機を期待していた方はもうご覧になっているかもしれないですね。

2016冬ポタフェス全日程終了!!みんなの反応まとめ
今日でポタフェス2016の全日程が終了しました。 今回のフェスはイベントが盛りだくさんで今までと比べても特に入...

なお上記のPhileWebでは音質についても触れられていて、

AK380を聴いてからDAPをAK380 SSに変えると、驚くほどの音の違いが感じられる。全体的にクリアで明瞭な音になるのだが、最も分かりやすいのは低域の表現だ。

AK380では少し緩めに聞こえていたドラムやベースラインがくっきりと鮮明になり、タイトになる。とはいえ細くなるというわけではなく、しっかりとした深み、沈み込みをキープしながら、付帯音のみを取り去ったような印象だ。

ということらしいので、ステンレスになって耐久性が向上しただけではなく、音質についても変化がみられるようです。


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアしてくれると管理人が泣いて喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大