AirPodsに対抗できるbluetoothイヤホン「AMPS AIR」が発売!どっちが優れている!?

ct_sol_republic_sol_amps_air
アメリカのメーカー、SOL REPUBLICからBluetoothイヤホンAMPS AIRが発売されました。

通信方式 bluetooth4.1
再生周波数帯域 20~20,000hz
バッテリー駆動 3時間
対応コーデック SBC

スペックは上記のようになっております。
スペックとして気になるところが、カタログスペックの時点で駆動時間が3時間というのがちょっと少ないかなといった印象は受けます。
メーカーは音質について「SOL REPUBLIC のシグネチャーサウンドでもある、深みのある低音と明瞭でクリアなサウンドを届けます」と述べています。

また、片耳だけ音楽を流すことのできる、モノラル接続も出来るようですので、周囲の音にも気を配りつつ音楽を聴きたい時などに使い道があるかもしれません。

価格は1万6000円前後となっています。時期的にも値段的にもAirPodsと競合することになりそうですが、はたしてどちらがいいのか。。。



参考:ELECOM/製品Q&A

SBC 圧縮送信時にタイムラグが発生する為、
音の遅れが出てしまう。
高音域を消してしまう為、
低品質な音楽再生になる。
無音時には無音では無くノイズが発生する。
ただし、SBCはA2DPプロファイルの
標準(必須)コーデックなので、
利用できるBluetooth製品が多い。
AAC SBCと変わらない圧縮率だが、
送信時のタイムラグがほぼ無くなっている。
高音域が消えてしまうことも無い為、
高品質な音楽を楽しむ事が出来る

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアしてくれると管理人が泣いて喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大